コンタクトレンズ

カラコンと一方ではコンタクトレンズというものがあります。コンタクトレンズの役割は、 視力の補正です。コンタクトレンズは更にソフトコンタクトとハードコンタクトがあります。

ハードコンタクトレンズとは、素材は、硬いプラスティック製の製品であり、最近では、酸素の通過性の良いものが販売されています。しかし、それでもコンタクトレンズがはじめてという人たちは、ソフトコンタクトレンズよりもハードの方がより違和感を感じることになります。ゴロゴロ感、違和感が大きいのは、ソフトコンタクトよりも間違いなく、ハードコンタクトです。現在のハードコンタクトレンズの場合、直径9mmと若干小さめであり、 ファッション用カラコンとしては不向きと言われています。一方ではソフトコンタクトレンズは、かなり違和感のないソフトな作りになっているものです。ソフトコンタクトレンズは、含水率が高いことに大きなメリットがあります。

直径は約14㎜前後となり、ハードコンタクトレンズよりも大きく、ほとんど黒目全体を覆う形になります。
黒目を覆うことができるため、ハードコンタクトレンズよりもソフトコンタクトレンズの方がカラコンにも適しているサイズと考えることが出来ます。最近では遠近両用レンズ、ワンデー、2ウィークタイプなどの種類も多く販売されています。