カラコンの装着

はじめてのカラコン体験という人たちは、どのような方法でカラコンをつけていいかということも判らないのではないでしょうか。まず、清潔な手で行うということは大事です。日々利用するという人たちは、尚更、そのようなことをしっかりルールとして守ってください。更に、爪をしっかり切って装着を行うようにしましょう。爪が長いことで、コンタクトレンズを傷つけてしまうこともありますし、目を傷付けることもあります。

そして、いよいよコンタクトレンズの装着です。コンタクトレンズをつけやすいように、コンタクトレンズを利き手の人差し指の先にのせてみましょう。どっちが裏か表かも要チェックです。コンタクトレンズ装着時は、しっかり目を開けていなければ駄目です。とにかく、目の側に物体があらわれれば必ず目を閉じるという習慣を持っていた人たちも今まで多くいたのではないでしょうか。

コンタクトレンズをのせた手の中指で、下まぶたを下へと引っ張ってみましょう。そして、もう片方の人差し指で、上まぶたをあげて、目が閉じないようにしっかりと固定をします。目は出来る限り大きく開き、コンタクトレンズが入りやすいようにします。そして、コンタクトレンズを、黒目の上にちょんと載せていきます。